すてらの日常

遠距離恋愛中の彼がいます。とある会社で働く24歳です。備忘録です。

本音を言わなくなったとき。

いつからか自分の心を晒さなくなった、

友達にも家族にもそのほかの人にも。

 

面倒な人にはなりたくなかったから。

 

だけど心に溜まった澱は

いつまでも残ったままで

私の知らぬ間に積もり積もって

結果的に周りの人を傷つけてしまった。

 

仕事の愚痴 ×

人が気分を害する話 ×

 

フルタイムで月曜日から金曜日まで

働いていて愚痴も言えないなんて

でも、ダメって言われたからますます

萎縮してしまう。

 

寝る前に部屋を真っ暗にして

iPhoneのライトをつけて

足の裏の保湿をしているその行為が

気持ち悪いといわれた。

 

あぁ、そんなところまで

嫌悪されているのかと

思わざるを得なかった。

 

そうだ、

私は失敗作だった。

 

妹だけ産まれたら

それだけでよかったのに。